ユーザーブログスタートから早1年

ユーザーブログを書かせていただくようになり、早くも1年が過ぎ去りました!!
本当に毎日があっという間で驚きの日々∑(゚Д゚)
子供たちも、英語だけでなく様々なことに関してまた大きく成長したなと感じています!^ ^


我が家は現在ユーザー歴が5年半で、長男はYellow Capを取得(+プレグラも修了)してから4年、次男も1年が過ぎました。
これらが修了してからの兄弟のDWEの取り組み内容としては然程大きな変化はないなと思うのですが、本人たちの言葉の理解度や普段話をする内容を見ていると一年前に比べると格段にレベルアップしていると感じています。
年齢と経験値が上がると同時に理解度もグングンUP!!
子供たちにとっては、一見代わり映えのない毎日がとても大切な日々であり、特別なことはせずただただ継続するだけでも。本人たちの中ではしっかりと中身を積み重ねていて、親が気がついた時にはすでに大きく成長しているものなのだと、いつも思わされています(*^_^*)

まだクリアしていないCap課題にチャレンジしたり、やり終えていなかったSBSに取り組んだり、TEのブックレッスンを順番にしていた頃と比べると、今現在は特に手の込んだことは何もしておらず^_^; 私的にもめちゃめちゃ楽な毎日を過ごしているのですが。笑
それでも子供たちの語学力はますます精度が上がる一方!
これは最初からじっくりと見極めてここに合わせてしっかりと取り組み、少しずつ少しずつ積み重ねてきた土台が今、確固たるものになりつつある証拠なんだろうと思っています(*^_^*)


我が家のDWEのルールは
・練習しない
・子供たちが自然と出来るようになったことにはなんでもチャレンジ(CapもSBSもTEブックレッスンもどんどん進める)
・出来ないことは出来るようになるまで待つ
・強要しない
・子供たちはただただ楽しむヽ(≧∀≦)ノ

です(*゚∀゚*)
親が英語を教えられなくても、DWEがあれば子供たちは自力で理解して母国語と同じように言葉を覚えて行きました!!(毎日継続し、一緒に遊んで子供たちの理解が進むようさまざまな工夫は必須。笑)

なんのためにDWEに取り組んでいるのか(^-^)☆
しっかり見据えてまた1年、楽しんで行けたらなと思っていますヽ(*^ω^*)ノ
ブログでもその過程を踏まえ、しっかりとお伝えできればと思います^ ^

今後ともよろしくお願いいたします!!


2017.6.22  しっぽ







WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』





Let's enjoy DWE♬


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

なかなか活用できないメインブック

メインブックの活用。。。
うちは活用できないダメなパターンだったのですが( ̄▽ ̄;)
今現在は、次男が使っているのでとりあえず良しとしています。笑

メインブックを使うのは、SBSとTEのブックレッスンが主に…だと思うのですが。
ここはもちろんしっかりと取り組みました!!が、それ以外に上手く活用するアイディアも浮かばなくて(´・_・`)
私が英文を流暢に読むこともできないので読み聞かせもダメ。。で、とりあえず放置。。。と言う状況でした(^^;

CDに合わせて子供たちと一緒に英文を追って本を楽しむ…なんてことをやってみた時もあるのですが、CDの音声以外に私から子供たちへ質問を投げかけたり会話のキャッチボールをしたり…はできなかったので、本当にただ聞くだけ。←子供たちも楽しいはずがない(TT)
結局、続かずまた放置。ヽ(;▽;)ノ

そうこうしているうちに、長男は英文が自力で読めるようになって行ったのですが、同時にDWE以外の洋書に興味を持つようになって行ったため、メインブックは読むこともほぼなく(上手く活用できなかったまま)今に至ります。←当時からあまり使えていなかったけれど、他(メインブック以外の教材)でがっつり取り組んでいたからか、ちゃんと理解して身に付けているので結果オーライ。笑
母が不甲斐なくても取り組みの継続と、環境を整えていれば子供は自力で身に付けられるところが凄いといつも思わせてくれるDWE。


時が経ち、次男にもまたメインブックを活用する時期がやって来た我が家。
子供たちの成長は目まぐるしいのにかわり、あまり成長していない私
当然また、TEのブックレッスンとSBS以外に活用出来ていなかったのですが( ̄▽ ̄;)
この時、次男は長男の時ほどにまだ自力読みが進んでいなかった(DWE以外の洋書がまだ然程読めないレベルにいた)ため、ならば!!と、先にメインブックのリーディングを取り組みに加えることにしたのでした(^-^)←ここに来てようやくメインブックも使っている!と言えるくらいに使うようになれたのでした。笑

私は結局、子供たちのレベルが上がるのを待ち(←それまで放置していただけ。苦笑)文字が読めるようになってからやっとなんとか使えるようになったので、絵本を見せつつ子供たちにあれこれ話しながら一緒に楽しめるお母さんたちはめちゃめちゃ凄いと思っています!!心から尊敬!!
私には、日本語ですら難しい(書いてある文字以外に話を膨らませるのが下手なのです。)ことなのに、それを英語でもだなんて...とてもじゃないけれど無理でした (((゚Д゚)))

学生時代に教科書として英文を見ていただけの私にとって、『(教科書以外の)英語の本を読む』だなんてハードルが高すぎて( ̄▽ ̄;)
一応勉強はしたけれど。それ以外は何もなく、習ったことを綺麗さっぱり忘れ去ったのちに親になり、子供たちと1から再スタートしたと言っていいくらいのレベルだったのですから。。

そんな私。DWEを始めた当時は、子供たちがこの本を全て読むことができるようになるだなんて全然信じられませんでした。だって、大人の自分ですら全く読める気がしなかったのに(^^;)
だけど、DWEキッズはサラッと出来るようになってしまうのですよね!!∑(゚Д゚)
メインブックを読む練習をしなくても。TACやマジックペンetcの副教材を活用していただけで気が付いた時にはメインブックもSAブックも流暢に読めるようになっていました^ ^
これぞDWEマジックだなと思います。笑


うちは持ってる教材はすべてフル活用することを前提に取り組んでいますが、中には苦手分野(私の。苦笑)もありこんな風に上手く使えていないなと思うこともたくさんありました。
だけど、教材は連動しているのでなるべく満遍なく使っていると子供たちは特別何もしなくても自力で理解を深めていくし、親である私も他の教材で補えそうだと気付くことに繋がることもあって。。(私が読めなくてもCDをかけ流すだけで子供たちには大きな効果があるetc)
時間がかかっても、確実に身に付いていると私はボーイズから感じています。
最初からすべてを上手く使えなくても、時期が来たら自然と使えるようになることもたくさんある!!
焦らずに継続することの意味を今一度考えて、これからも取り組んでいこうと思います(*^_^*)

兄弟の自力読みについてはまた日を改めて書きたいと思っていますヾ(o´∀`o)ノ








WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』





Let's enjoy DWE♬


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

新サービスや教材リニューアル

私がユーザーになった頃からたった数年の間にいろいろな新しいサービスや教材のリニューアルがどんどん出てきてDWEは時代に合わせて進化し続けていると思う反面、新サービスやリニューアルを必ずしも利用しなくてもDWEで得られる英語力に関しては総合的に見て大差ないだろうとも思う私。
なぜなら、従来の教材やサービス(核になる部分)には全く変わりはなく、それらを身に付けてもらうらためにWF側から提案される様々なアイディア=新サービスor教材リニューアルなのだと認識しているからです。←DWEっ子たちにとってはここ(核になる部分)が1番重要


ユーザー側としてはWFから様々な新しいサービスの提案があったとしても、教材の本質はずっとずっと何も変わっていないと言うことをきちんと理解しておくことが大切かなと。
DWEっ子たちに必要なのはメインプログラムを身に付けることで、それ以上でもそれ以下でもない。メインプログラムに最重要項目が詰まっているのですよね。
ミッキーパッケージ以上が手元にあるならば、その他副教材やサービス全般においての位置付けは『メインプログラムを理解して身に付ける』ための言わばサポート役。副教材やサービスがメインでは決してないのです。


新サービスや教材リニューアルが度々登場しても『絶対にその都度全て受け入れないとDWEの全てを身に付けることができなくなる』と言う訳では全くないと私は受け止めています。
これらはメインプログラムを理解して身に付けるためのサポート的なものなのだから、各家庭の環境や子供たち一人一人の性格などで合う合わないもあるので、取り組み方や自宅での環境、子供たちの性格など全てを見て、その上で我が子に合う(我が子に必要だと感じる)サービスのみ利用すれば良いだけだと思っています。

最近で言うと、新サービスならfacebookのライブ動画やe-pocket。教材のリニューアルやセールなら、最新だとPAのリニューアル、他はマジックペンセットや、ZAMやEDWZなどZippyシリーズのセールなど?かな?

新サービスで言うならば。
正直、我が家は兄弟の年齢が上がって来ているため(うちには)すでに必要ないレベルのサービスだと感じました。
facebookライブも、e-pocketも、赤ちゃんや小さい子向け。うちも子供たちがもっともっと小さかったら利用していたと思います。しかし、今の兄弟にはライブ動画の内容(歌って踊ってお絵描きして...etc)や、赤ちゃん向けのTEなどは必要ではないのですよね。(厳密に言うと次男はfacebookライブに限り、ギリギリ楽しめそうだけど別になくても問題ない。)だから、利用していません。

代わって4年前に始まったWorld English TV plus税別月額500円(簡単に言うと、月1のPlaytimeと先生たちが出演するたくさんのショート動画をいつでも見られる権利)は、スタートした当初からずっと継続しています。
こちらのサービスは大きくなっても子供たちが楽しめていると私が感じているので利用しています。


教材のリニューアルに関しては。
BasicABC's→Step by Step
LeapPadセット→Magic Penセット
SP(ストレートプレイ)DVDリニューアル(実写の子役が代わり、アニメーションの映像が新しくなった)
ZAPメイト(録音する機械)のリニューアル
そして、今回のPAリニューアル。
書き出してみると、私が知っているだけでもたった数年の間にいろいろと新しくなっているんだなと。

しかし。
おそらくですがどんな教材が新しくなろうとも、WF側から必ず『プログラムの内容に変更はございませんので、学習効果やお子様の英語習得にも影響はございません。』(←こちらはWFCサイトより一部引用)と、ちゃんと説明があると思うのですよね。

学習効果や子供の英語習得に影響はないこれが大きなポイント。
なので、個人的には教材がリニューアルしようがなんだろうが(笑)いわゆる卒業できる最低限の教材(ミッキーパッケージ)が手元にあるならばリニューアルされたからと言って新しく買い換える必要は全くないと思っています。

新サービス・新教材がなかった頃の先輩DWEユーザーのみなさんは、それらが無くとも自宅で環境を整えて取り組み、その中でお子さんたちはしっかりと高い英語力を身に付けて成長されて行ったのですよね。←過去のサンプルDVDなどに出演されているスーパーキッズが当たり前に何人もいらっしゃるのが良い例ですよね(^-^)b
今は、ユーザーのニーズに応えてどんどん新しいものが開発され販売されるようになって来ていて。。それは現ユーザーにとってはとてもありがたい(つまりは日々の取り組みが継続しやすくなるためのお手伝いになるサービスや教材の改革が増えてきているのだから。)ことですが、だからと言って必ずしもそれを使う必要も全くないわけで。

例えば。。
昔はSBSではなくて、みんなBasicABC'sというレッスンCD(28枚)とメインbookのみで親がお子さんにかかりっきりになりつつ、膨大なアクティビティやレッスンの全てを親子でこなしていたのですよね。
後に開発されたSBSは、画期的で親の負担を激減させたことは間違いないでしょう。でも、やろうと思えば、CDとメインbookのみ(映像なし)でレッスンすることは可能だと言うこと。絶対にSBSが無ければレッスンの全てをやり切って英語力を身に付けることができない訳ではないのです。(←今から契約される方は全てもうSBSに変更になっているためCDでレッスンする事はありません)


こればっかりはご家庭で選択するしかありませんが、ちなみに我が家はミッキーパッケージを揃えた時から教材は全くかわりなく、当時のまま(古い映像?)でずっと活用しています。
もちろん学習効果や子供の英語習得にも影響は全くないと思います!!


前回の記事にも書きましたが、教室に通ったり、イベントに行けば良い訳でもなく、教材がリニューアルしたからと言って必ずしも買い直す必要があるわけでもないのです。
全く手元にない教材ならば惹かれることももちろんありますが、映像の新しさなどよりも、とりあえず1つは手元にあるのならばそれと同じものはいらないと私は思ってしまいます。←お値段も決して可愛くはないですしね(笑)

メジャーなセットだと、まずLet's playはうちにはありません。
理由は兄弟2人分、工作するのに付き合う気力が私に湧かなかったから(爆)
毎日毎日、わざとでなくても部屋がぐちゃぐちゃにされるのが目に浮かびます( ̄▽ ̄;)絶対に準備と後片付けだけでイライラする自信がある!!( ̄∀ ̄)苦笑 だからスルーしています。

あとはマイナーですが、マーク先生のクッキングのDVDも同じ理由でスルー(笑)
マーク先生大好きな子供たちに見せたら絶対に「I want to do this like Mark!!!」などど言われるに決まっているからプレゼントDVDに収録されてた商品アピールのCMさえも見せずに本編が終わったら即終了する徹底ぶりで(爆)

こう言う類のものは最初から私には無理だと思ったし、DWEに関してはできない(私がやりたくない)ことは選択しない主義なのでこれらを持っている友人がいても、『ちゃんと付き合ってあげてて凄い!!』と友人のやる気と根気に感動する事はあっても『うちも欲しい』とはまっっったく思えないのでした(^_^;)ハハハ

でも!!!
うちは良いんです、無くても(笑)
その都度、他で補うので( ̄▽ ̄)☆ ←うちではたいてい私が日本語で補って(工作したり、一緒に料理したり!!)、その後にいつの間にか子供たちが自力で英語でも補っている(日本語だけでなく英語でも理解している)パターンが多いです。それは本からだったり、アニメからだったり…いろいろなものから気が付いたら獲得しているみたい。子供たちは、私の知らないことを本当に良く知っているのですよね!∑(゚Д゚)ビックリ




教材も常に最低限、教室などはこれからも行く予定は全くなく、週末イベントですら近くしか行かない我が家ですが、DWEのおかげで確固たる英語力を身に付け続けている子供が私の目の前に2人もいます。
だから私はブレないし、とことん我が道を行きます(笑)
うちはこれで良い( ̄▽ ̄)♡
こんな環境で育つ兄弟の、これからの成長がますます楽しみです♬







WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』





Let's enjoy DWE♬


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

幼い子供が英語を習得するには。。。

日本人の両親の元、日本に住みながら日本の教育を受けて育っていく子が、英語も日本語と同じように(母国語方式)身に付けるには自宅での環境(取り組み)がとても大切だと思います。


お友達に小さい頃から週1回50分ほどの英会話教室(DWE関連ではありません)に通っている子がいます。これはそのお友達のお母さまから伺ったお話なのですが、その教室では毎回宿題があり、その中に『(支給されている)CDを毎日○分かけ流しましょう』と言うのがあるそうです。
それを聞いて私は、英会話教室ですら『レッスン以外にお家でも毎日英語を耳に入れる環境を作りましょう』と推進するほど日々のかけ流しは大切だったのかと、とても驚きました。←それとも、今どきは普通なのでしょうか(^_^;)無知ですみません

確かに、小さい子が英語を身に付ける(耳を育て、さらに話すようになる)には、毎日英語を見聞きするのが当たり前にある環境で過ごすことがとても大切だと思います。
でも、教室に通ってかつ自宅で宿題+環境も整える!!これも結構大変だな…と同時に思いました(´・_・`)


そんな私(我が家)にとっては、WFの週末イベントも教室と同じような位置付けだったりします。
うちは大阪に住んでいますが、大阪の中でも都会から外れた田舎在住(笑)
だから、イベントも2〜3ヶ月に1回参加できれば良い方です。
基本的に自宅付近しか行かない&同じイベントに2回以上参加はしない我が家(^_^;) 家から1時間以上かかる開催地は同じ県内だとしても「遠征」の部類に入るので、遠いところは本当にたまにしか参加しません。
近所ならば、ほぼイベント代だけで参加できるけれど「遠征」だと別でかかる交通費が結構かかる(泣)ので、たとえ近隣県で開催されていてもよっぽどのことがない限り行かないです(^◇^;)
CFKやABCクラブも大阪市内にはあるけれど、自宅近くにはなかったのでは??と言った感じで。←今後も行く予定も全くないので情報すら全く知らない私(苦笑)


しかし。
最初に書いた通り、私は自宅での取り組みが1番大切だと思っているため、教室やイベントが近くになくても不満に思うことは特にありませんでした^ ^
イベントも、参加できる時に参加するペースくらいでうちは十分( ^ω^ )
なぜならば、家で毎日取り組んでいれば教室に通ったりイベントに通わなくても驚くくらい高い英語力が必ず身に付くと兄弟から身を以てしっかりと教えてもらっていたからです(*´꒳`*)
自宅でDWEに取り組み、そこで養った英語力があるからこそうちの兄弟はたまに参加する週末イベントをも楽しめるのだと思っています!!
小さい頃から毎日毎日親しんで来たDWE教材をアレンジした週末イベント。楽しくないわけがない(笑)
その上で、ショー中に先生から投げかけられる生きた英語にたくさん触れることで自然と応えたくなり、これがますますの発話を促すきっかけになっている我が家です(=´∀`)人(´∀`=)


私が知らないだけで教室に通ったり、何度も週末イベントに通うことで得るものもきっとたくさんたくさんあるのだと思います!!
ただ、うちはそれらが無くても十分なほどの英語力を兄弟2人共が自宅教材のDWEから得ているので現時点でも大変満足していると言うのもまた事実。
子供たちが小さい頃に、これでもか!と言うくらいにDWEを使い倒して来ただけの我が家。
DWEに取り組んでいるおかげで英語耳が育ち、WFCの先生と話す(毎週のTEと月1のPlaytime)ことで英語を話す楽しさを覚えたボーイズ(^-^)♡
ここから更に発展して、洋画やアニメ、洋書をも楽しめるようになり、英語が書けるようにもなって行きました(*≧∀≦*)←幼稚園児の次男はまだまだ道半ばですが(笑)

生粋のDWEキッズである二人は、親が何も教えなくても(←ただ教えられないだけ。笑)、教材の使い方をサポートするだけで何でも自分で出来るようになって行きました!!これは、私が出来ないことをずっとWFCの先生たちが代わりにしてくださっているおかげだと思っています。(言い間違いや文法がおかしかったりするとさりげなく正しい英語で言い直してくださったり!!この積み重ねもきっと大切☆)


うちは、CFK・ABCクラブを含む英会話教室やオンライン英会話、他教材に割ける時間と経済的余裕は元々ありません。だから、DWEを始めたのです!!
うちを担当して下さったADさんの仰っていた通り、DWEだけあれば他は何も必要ありませんでした^ ^
まずは、DWEを全力で楽しみながら使いまくり(笑)手元にあるもの全てをフル活用!!
その延長として洋書を買うようになり、またアニメや映画を楽しめるようにも!!ヽ(≧∀≦)ノありがたや

今までWFショッピングでもほとんど買い物した事もなく、週末イベントにもあまり参加しない(宿泊イベントは皆無。笑)我が家(^^;)
そして、教材もフルセットではない( ̄▽ ̄;)ハハッ

本当に必要最低限しかお金を掛けていませんがその効果は想像以上で感動もの!!


子供たちがだんだんと大きくなってくると、英語だけに時間もお金もそうそう掛けられなくなっていくのも現実。
特に、小学校に上がると子供たちは遊びに出かける時間もないほどに日々忙しくなって行きます。(学年が上がるに連れて今後ますます時間はなくなるとも思う。←幼稚園と比べると、とにかく学校自体の終わる時間がかなり遅いのだからどうしようもない。)
そう考えると、小さい頃から初めたおかげで今すでに、年齢なりの英語力を母国語方式で習得できていることは本当に何にも変えがたい宝物になっているはず!!本当に続けてきて良かったと思います(ノ´▽`*)b☆


私の中では、自宅での取り組み以外のものは全て子供たちにとってのスパイスであると言う認識。
週末イベントも小さい頃から自ら積極的に参加するタイプでは全くなかったボーイズなので、たまに行くくらいが彼らにも丁度良いのだと思います(爆)



英語に限っては、我が家では自宅環境(取り組みも含む)に勝るものなし!!

これが私の信条です(`_´)ゞ
うちは今の所はこれで十分!!
その先は、子供たちが自分で選択して自力で伸ばして行って欲しいと願っている英語苦手母でした(笑)







WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』





Let's enjoy DWE♬


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

リトルブラザーずの成長

きょうだいでDWEを使っておられるご家庭もたくさんいらっしゃるかと思うのですが^_^
今回は弟たちの成長に注目して書いてみようと思います。

ここで言う『弟たち』とは、うちの次男とたびたび登場してくれているMちゃんファミリーの末っ子Kくんのことです(*´꒳`*)

次男は生後2ヶ月から、Kくんは胎教からDWEをスタートしています。←現在、幼稚園年長と2歳すぎ♡
それぞれ兄・姉がいて(小2)。物心がついた頃にはDWEと、上のきょうだいが当たり前に英語を受け入れている環境にいた弟たち。
そんな2人を見ていて、赤ちゃん時代からよく似た感じの成長の仕方をしていると言うことに気付きました+゚。*(*´∀`*)*。゚+

次男もKくんも、0歳の間は完全にインプット重視
上の子のためにかけているDVDやCDの音を耳から入れ続けインプットをしっかり貯めていました。

1歳を過ぎてトコトコと歩き始める頃。次男もKくんも、普段からよく見ている(年齢に合わせて意識して見せている)PAやZAMの体を使った遊び歌【Peekaboo、Sharing、Head And Shoulders,Knees And Toesなど】で、たくさんたくさん一緒に遊ぶ(相手はママだったり上の子だったり様々^ ^)うちに1曲ずつすべてを丸っと覚えてしまいました。そして、最終的にはDVDの映像(や目の前のママやきょうだいの見本)なしでもCDから流れる音声だけをしっかりと聞き取り、音楽に合わせて同じ動きが1人でも出来るようになっていったのでした。

下の子たちにとって1番身近な存在で、お願いしなくても当たり前に見本になってくれているのが上の子たち。
下の子は、きょうだいのことを本当によーーく見ています(笑)物の使い方、服の着替え方、もちろん言葉の使い方なども全て、上の子が目の前でやってくれるので弟たちにとっては素晴らしい先生なわけなのですよね(^^)



小さな子供たちが英語を習得するには『いつも英語が身近にある環境で過ごす』と言うのがとても大事。
弟たちが赤ちゃんだった頃は、上の子のための環境を意識して整えつつDWEを楽しんで過ごして来ました(^-^)
その延長で上の子たちが英語モードの時には弟たちにもそのまま英語で話しかけるので、母的には内心『ナイス(๑˃̵ᴗ˂̵)੭ꠥ⁾⁾』と思ったり(笑)←みゅうママも同じハズw

日常的に自宅でDWEに触れて過ごし、毎週のTEやPlaytimeを楽しんで、たまに週末イベントにも参加する環境が生まれた時から当たり前な弟たちにとって、上の子の真似をして英語も話すようになるのはきっとごく普通のことなのだろうと思います。


日本語でも英語でも、単語→二語文→徐々に長いセンテンスと言う風に子供たちは言葉を操るようになって行きますよね。
上の子は、特に私たち(私やみゅうママ。笑)のように英語が苦手な母と取り組んでいると、必然的に英語はDWE(教材とWFCの先生方)から自分で学んで行くことになると思うのですが、下はこれら+αとして自分のきょうだいが目の前でいつでも見本を見せ続けてくれるありがたい環境にいるのが当たり前なわけで。
そうして上の子を真似して『生きた言葉』をどんどん吸収して行く分、年齢が小さくても最初からセンテンスで話し出す可能性が高くなるのかなと思ったのでした(=´∀`)人(´∀`=)

兄/姉と一緒に遊んでいて上の子が「I'm tired.」とこぼせば「I'm tired too.」と自然に出てくるのが弟たち!!
DWEのインプットと、毎日遊んでいる中で兄/姉がどんな状況でどんな言葉をアウトプットしているのかをその都度体験&吸収している。この積み重ねから、2歳ころ(言葉を話し出す時期)からでも当たり前に文章で話すようになるのですよね(*^^*)
この辺り、うちの次男もKくんも同じ感覚で成長して来ていると思います^_^
面白い!!!

そして、もう一つ!!
弟たちは、自分の兄/姉以外にも『英語を当たり前に話す』存在がいる事を物心つく前から知っているという事。
お互いに、友達同士である長男とMちゃんと次男とKくんの4人。次男にとっては、兄とMちゃんの存在が!そして、一番小さいKくんにとっては、姉とうちの兄弟二人ともがそう!
兄/姉以外にも『英語を当たり前に話す』存在を知っていると言うことは後にとても大きなメリットになると私は思っています。
例えば、幼稚園に通う年齢になり自分とお友達の違い(お友達は英語ははなさないという現実)に気付いた時etc 
お友達の中にも自分たちと同じように英語も話す子はいると知っていると、割と抵抗なくスムーズに現実を受け入れて言語を使い分けるようになっていけるのではないかなと思ったり(*^_^*)←うちの兄弟はMちゃんのおかげでその壁はアッサリと乗り越えられたと思っています!!Kくんはこれからどうなるだろう(゚∀゚)楽しみデス

日本語も英語もどちらも言語。
言語は自分の口から出してこそ、身に付いていくものですよね。
自分が生まれた時から英語での話し相手もいるリトルブラザーずたちはとってもラッキー(*≧∀≦*)
DWEユーザーである我が家もMちゃん宅も、きょうだいで使えるメリットを最大限に活かして現在も活用中です!!


外注を利用せずとも、自宅に居ながらきょうだいでアウトプット環境を作れるのだから本当にありがたい(*≧∪≦)
ただし、きょうだいのうち1人だけが出来てもダメ(会話にならないため)。
年齢による習得レベルに違いがあったとしても、弟たちにも言語を理解するための基本的な部分をしっかりと身に付けられるよう上の子にしてきたようにまた1からDWEを活用する必要がある。(←DWEユーザーなので”DWEを”と書いています。)

母としては単純に手間は2倍なのですが(笑)
言葉を習得するためには時間がかかるし、その習得にかかる時間も個人差が大きい。さらには子供によって得手不得手もある。
私が、『一人一人に合わせて使う』といつも書いているのはこのためです。
どんな事であっても、1つの方法でみんながみんな同じように習得出来る訳ではないのだから。
何をするにしても、一人一人に合わせてそれぞれが楽しいと思えるように工夫するのは結構大変なことだなと思います。


でも。。。
やらずして伸びる筈もないのですよね。←当たり前((´・ω・`;))
さ、今日も頑張ろう(笑)

これからの、リトルブラザーずの成長がとても楽しみです!!








WFさんが運営されているため信頼できる記事ばかり+゚。*(*´∀`*)*。゚+
英語教育や育児にまつわる役に立つトピックがたくさん!!
↓↓↓
『子供英語タイムズ』





Let's enjoy DWE♬


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村